このサイトは新しいサーバに引っ越しました!!

引っ越し先↓↓↓↓

新便所の穴ブログ:
http://talkingnonsense.coolk2.com/





【ブログパーツ型オンライン予約システム「PORC」】ならインターネット予約があなたのホープページに簡単に導入できます。これで営業機会を逃しません!!美容室や語学学校、法律相談、医院などの業種に最適です。
powered by coolk2.com
【タスク管理システム「BEEF」】は5~10人程度のチームを運営するのに最適なタスク管理型のプロジェクト管理ツールです。これでデスマーチを回避できるかも!?!?
powered by coolk2.com


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Salesforce.com(セールスフォース)と戯れる 2投目
ほんならセールスフォースネタの2投目いきます。

今回はセールスフォースのお値段について。



Salesforce.com(セールスフォース)のお値段は

1ライセンス(一人が接続できる権利)=¥15,000/月

(EnterPriseEditionね。もちっと安いのもあれば、高いのもある。)



5人だと、年間18万、

20人だと、年間360万になるわけだ。

これに追加サポート契約が年間50万近く。

うちのばあい20ライセンス契約したから、

年間400万(実は値引きしてくれたから実はもう少しやすい)。

これ、安いと思う?高いと思う?

まずセールスフォースと同等の機能を持つアプリを

自分で作ろうとした場合、

イニシャルコストだけ考えれば、

答えは“セールスフォースは安い”になるとおもう。

(20人程度が共用するCRMとした場合ね)

たぶんここまで完成度の高いものを作ろうと思ったら、

アプリの開発作業だけで1000万は軽くいくだろう。

加えてハードウェアの費用も加えたら、

初期構築費用(イニシャルコスト)は、

間違いなくセールスフォースのほうが安くなる。

(5年減価償却とした場合だと、セールスフォースのほうが

高くなると思う。)

しかも、システム運用開始までの時間がかなり短縮される。

でもね、

セールスフォースほどの機能がいらないとしたら?

セールスフォースってかなりファットなシステムになってる。

いらない機能までテンコ盛り。

“あったら便利”がたくさんあるのよ、セールスフォースは。

そこが売りだろうとも思うんだけど。

うちの場合“自分達で作っちまえ”って話に

「NO」が出てたから、正確に見積もってないんだけど、

“すべてシステムに任せずに他システムや運用でカバーする”

“自分達が本当に必要とする機能を使いやすく実装する”


ことを前提に設計すれば、イニシャルコストは

たぶん800万を切ると思ってる。当然ハードウェア込みで。

かなり個人的な感覚だけど。

たぶん、当らずも遠からず、の額だと思うよ。

ただし、設計に1ヶ月、開発には最低でも2ヶ月はほしい。

カットオーバーまで6ヶ月は見てほしいところ。

じつは、うちの状況でこの“6ヶ月”が飲めなかった。

だからセールスフォースにしたんだけど。

さぁ、あなたは

「1ライセンス(一人が接続できる権利)=¥15,000/月」

はどお思う?
 
 
 
 
関連記事


テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ
2009/10/19(月) 19:23:18| 仕事の事| トラックバック:0 コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。