このサイトは新しいサーバに引っ越しました!!

引っ越し先↓↓↓↓

新便所の穴ブログ:
http://talkingnonsense.coolk2.com/





【ブログパーツ型オンライン予約システム「PORC」】ならインターネット予約があなたのホープページに簡単に導入できます。これで営業機会を逃しません!!美容室や語学学校、法律相談、医院などの業種に最適です。
powered by coolk2.com
【タスク管理システム「BEEF」】は5~10人程度のチームを運営するのに最適なタスク管理型のプロジェクト管理ツールです。これでデスマーチを回避できるかも!?!?
powered by coolk2.com


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主婦業の定義:主婦業ってなに?
この増田さん、子供イナイよね。
しかも新婚さんだよね。
んじゃ「主婦業」といわれてもピントこないのでは・・

「主婦業」を「子育て」に置き換えてみると、
このシャチョさんの観点がわかるんでないかなぁ。


定義がわからない。
http://anond.hatelabo.jp/20090312121813


この間社長(若くはない)と雑談をしていて、どんな働き方をしたいか?みたいな話になった。
「これまでと同じペースでいきたいなぁ」と言ったら、
「でも、主婦業もしてるわけでしょ?大変じゃない?」って返された。

この言葉が出てくると、私はいつも混乱する。主婦業って何を指しているの?

(中略)

社長のひと言で、結婚をすると女性が「主婦業をしつつ仕事」をし、
男性が「家事をよく手伝いつつ仕事」をしているものだと思われるんだって実感した。
それとも「主婦」「主婦業」ってもっと違うことを言い表しているの?


つまり・・・・


家事のことを言っているなら、独りのときから料理も掃除も洗濯もしていた。
結婚して2人になったところで、それが変わるわけじゃない。



子供ができたら、
「それが変わる」わけだ。
大きく。


子どもの頃から違和感を感じてたのは、
たまに目にするワイドショーで家事のコツみたいなのが話題になると、
女性タレントや女性司会者が、
「私たち主婦はこういうグッズがあると~」とか
「私たち主婦にとっては〇〇は結構××で~」とかサラッと発言すること。


これは「過去の常識」の名残だよね。
昔「女は家に、男は仕事に」が常識だった時代があった。
おれも30前半だから良くしらんけど、
家事=女性だったんじゃないかな。
それを大衆映像化すると、
いまでも「私たち主婦」となるんじゃないかな?


別に専業主婦を否定的に捕らえてるのではなく。
「きちんとした生活、ちゃんとした家庭」を維持ことに注力するのが主婦なのなら、
経済的に余裕があり仕事に未練がなければ、私は専業主婦でいたいと思ってる。


ちなみに、世の中には、
「あんたにウマイ飯を食わせてやるのがアタシの幸せなんだ。だから仕事ヤメル。」
と自信満々に言い放つ女性もいるのですよ。

あと、
「経済的に余裕があり」 > 「仕事に未練がなければ」
というのが今の世の中の現実なんじゃないかな~
っと思うわけですよ。

(。・ω・。)ノ
関連記事


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
2009/03/12(木) 16:46:30| チラシの裏| トラックバック:0 コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。