このサイトは新しいサーバに引っ越しました!!

引っ越し先↓↓↓↓

新便所の穴ブログ:
http://talkingnonsense.coolk2.com/





【ブログパーツ型オンライン予約システム「PORC」】ならインターネット予約があなたのホープページに簡単に導入できます。これで営業機会を逃しません!!美容室や語学学校、法律相談、医院などの業種に最適です。
powered by coolk2.com
【タスク管理システム「BEEF」】は5~10人程度のチームを運営するのに最適なタスク管理型のプロジェクト管理ツールです。これでデスマーチを回避できるかも!?!?
powered by coolk2.com


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福知山線脱線事故の車掌が手記を出した
福知山線脱線事故の車掌が手記を出したそうだ。

あのときの状況やら気持ちやらを綴ったのだろう。

おれが気になったのは、

それを紹介したアナウンサーの言葉だ。

「福知山線脱線事故の際に車掌をしていたJR西日本の社員が手記を発表しました・・・(中略)・・・お詫びの言葉はありませんでした。」

おい。

そこまでして

「お詫びの言葉」がほしいのか?

この手記で「お詫びの言葉」があったら遺族は喜ぶのか?

「お詫びの言葉が無くてつまんない」のはお前らメディアだろ?

「お詫びの言葉が無くてつまんない」から

紹介時間たったの30秒で、

シメが「お詫びの言葉はありませんでした。」なんだろ?

てめぇらナメテんのか?

遺族は真実が知りたがってる。

だったら、中身をもっと客観的に紹介するべきじゃないのか?

はぁ・・クサってやがる。
 
関連記事


テーマ:日記 - ジャンル:日記
2007/06/10(日) 18:58:54| 未分類| トラックバック:0 コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。