このサイトは新しいサーバに引っ越しました!!

引っ越し先↓↓↓↓

新便所の穴ブログ:
http://talkingnonsense.coolk2.com/





【ブログパーツ型オンライン予約システム「PORC」】ならインターネット予約があなたのホープページに簡単に導入できます。これで営業機会を逃しません!!美容室や語学学校、法律相談、医院などの業種に最適です。
powered by coolk2.com
【タスク管理システム「BEEF」】は5~10人程度のチームを運営するのに最適なタスク管理型のプロジェクト管理ツールです。これでデスマーチを回避できるかも!?!?
powered by coolk2.com


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社を辞めるぞ!! その2:上司と再交渉
 
さてさて、前回の続き。
上司が休みだったり、忙しかったりで、なかなか打ち合わせ時間がとれず、本日ようやく話すことができた。

俺「申し訳ないのですが、やっぱり12月で辞めさせていただきます。」

んで、禿1から開口一番出た言葉。

禿1「オマエがいなくなった後のことを(オマエが)なんとかすれば辞めさせてやる。」

(((; ゚д゚)))
ソレヲカンガエルノガオマエノシゴトダロ
と思いつつ、反論。

俺「社内に代わりの人が見つからないのなら、協力会社にでも依頼して技術者を派遣してもらってください。」

禿1「そんなことはできない。プロパー社員の代わりはプロパー社員でなければダメだ!!」




(-∀-;)

ん~んん?

チョットマテ。



ちょっとここでウチの組織の構成を書いておく。。。

まず、今の組織はプロパー社員が6名(うち社長1部長2ヒラ3)、外部協力会社からの出向社員(派遣社員)が12名という人数構成だ。そう、うちは外部からの派遣社員の割合が非常に多い。また、年度末の繁忙期になればさらにこの割合が派遣社員増の方向に傾く。

現在計18名という人員構成のなか、ミッション別にチーム制をとっていて、3チーム構成なのだが、そのうち俺が所属しているチームのリーダ(プロマネ)は年長の派遣社員が勤めているのだ。通常はたとえ派遣社員が年上であっても、能力的に上であっても、“責任”という観点から派遣社員にマネジメントさせることはない。また、派遣社員がプロパー社員の指揮命令系統の上位に立つということは通常ありえない。

なぜそういうことになっているかと言うと、ウチの組織が立ち上がった当初、プロパー社員が少ないことから「出向社員もプロパー社員と区別無く扱う!!」と禿1(=社長)が豪語したため、ウチのチームのリーダはプロマネ経験のある年長派遣社員が任命された。

さらに、うちの組織では、客先やグループ会社とのやり取りも出向社員が直接やり取りできるようにしている(派遣元会社との契約やら法的な問題も含めてクリアしている)ため、実質、プロパー社員と派遣社員は区別なく働くことができる(細かなところではあるけどね)。

どんな業務でも能力的に問題がなければ誰でもその業務担当することができるような体制をとっているのである。従って「プロパー社員じゃなければダメ」ということが実質無いのだ。

この部分は非常にスバラシイ(じつは細かな問題はあるんだけどね)。

実際に俺が携わっていた仕事は能力に問題がなければ誰でも代わりを務めることが出来る。

さらに、組織の都合上、一人ですべての業務を背負い込むのではなく、かならず二人ないしは三人体制で事にあたり、作業履歴や客先との対応履歴を細かく管理するシステムも導入して、たとえ俺がいきなりいなくなっても、何とか業務を継続できるような体制を構築している。

つまり!!

おれが今すぐ居なくなっても、効率は多少悪くなるが、滞り無く業務が行えるのだ。

この部分も非常にスバラシイ(じつはここにも細かな問題があるんだけどね)。

そこで、もう一回リフレイン・・・・・・

禿1「プロパー社員の代わりはプロパー社員でなければダメだ!!」




(-∀-;)

ん~んん?

チョットマテ。





意味がわからん!!
だれが居なくなっても問題が起こらないようにバックアップ体制を整えたのは、オマエちゃうんかい!!


俺「俺(プロパー社員)の代わりがプロパー社員である必要はないと思います。繰り返しますが、三月末の繁忙期に向けて人員が必要なら、以前来てもらっていた協力会社にでも早めに派遣依頼の打診をしてください。」

禿1「ダメだ!!ダメだ!!許可しない!!」
禿1「これ以上、話していてもしょうがない!!まだ時間がある、もっと考えろ!!」


俺「いや、もう十分考えました・・結論を変えるつもりはありません。」

と席を立つ禿1。
すかさず横で苦い顔をしていた禿2が口を出す。

禿2「でもそんなこといっても、退職願は受けとらざろう得ないですよ?」
禿1「そんなもの受け取らない!!」


ちゃんちゃん。

なお、
労働基準法上、退職願は受け取られなくても、
“退職日2週間前までに退職の意思表示をしたこと”“退職願いを提出したこと(受理される必要はない)”が認められれば
正式に退職が認められるのですよ。つまり「そんなもの受け取らない」でも退職できてしまうわけで、会社として退職処理を怠れば、労働基準法違反で労働基準監督署に怒られちゃうわけです。

ん~
禿よ、オヌシ、社長してて労基法しらんのか?
なぜおれが、上司であるアンタの要求を突っぱねることができるのか、考えないのかね?

ん~
アタマわるの~
不憫な子じゃの~

ちゃんちゃん。
 
 
 
 
関連記事


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/11/03(水) 01:41:51| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。