このサイトは新しいサーバに引っ越しました!!

引っ越し先↓↓↓↓

新便所の穴ブログ:
http://talkingnonsense.coolk2.com/





【ブログパーツ型オンライン予約システム「PORC」】ならインターネット予約があなたのホープページに簡単に導入できます。これで営業機会を逃しません!!美容室や語学学校、法律相談、医院などの業種に最適です。
powered by coolk2.com
【タスク管理システム「BEEF」】は5~10人程度のチームを運営するのに最適なタスク管理型のプロジェクト管理ツールです。これでデスマーチを回避できるかも!?!?
powered by coolk2.com


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画】サマータイムマシンブルースをみました。
 
ずいぶん前の映画なんだけど、サマータイムマシンブルースという映画をみました。


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]


偶然、CATVでやってて、思わず見てしまった。

ちなみに監督は「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督で、ストーリーはこんなん↓。

真夏にクーラーのリモコンが壊れたSF研究会の部室。そんなところへ偶然現れた本物のタイムマシンに乗って、昨日にタイムスリップ。壊れる前のリモコンを取ってきた研究会の面々。だがそれは過去を変える行為であり、そのせいで全てが消滅する恐れが! そこで元に戻すための大冒険がスタートする!たった1作で、あの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作を合わせたよりも多いタイムスリップを見せるオモシロ作。しかもそれを鮮やかに整理して見せ、さらに何度見ても楽しめるようなネタを随所に入れ込んでいるあたりは『踊る大捜査線』シリーズを手がけてきた本広克行監督ならでは。しかもSFというよりも、青春グラフィティとして仕上げているため、SFが苦手という人でもかなり楽しめること確実。ゆるい笑いもいい感じ!(横森文)

 
全編通してコント調で非常に軽快。しかし↑にも出ている通り、“ゆるい笑”ってか前編シュールな笑いですよ。ココラヘン見るヒトを選ぶとこかな。おれはこういうシュールなの好きだから楽しめたケド。
 
ストーリーとしては面白いし細かい設定もあるんだけど、いまひとつツッコミ切れていない部分もある。ここらへんも見るヒトを選ぶかな。
 
シーンのつなぎ方は映画というよりコミックに近いかなぁ。たぶんコミックを意識してるような気がする。こいうところ本広克行監督っぽいのかなと思った。
 
とりあえずね、お勧めですよ。俺的には。
 
 
関連記事


テーマ:おすすめ+゜ - ジャンル:ブログ
2010/08/01(日) 00:18:00| 批評等| トラックバック:0 コメント:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。