このサイトは新しいサーバに引っ越しました!!

引っ越し先↓↓↓↓

新便所の穴ブログ:
http://talkingnonsense.coolk2.com/





【ブログパーツ型オンライン予約システム「PORC」】ならインターネット予約があなたのホープページに簡単に導入できます。これで営業機会を逃しません!!美容室や語学学校、法律相談、医院などの業種に最適です。
powered by coolk2.com
【タスク管理システム「BEEF」】は5~10人程度のチームを運営するのに最適なタスク管理型のプロジェクト管理ツールです。これでデスマーチを回避できるかも!?!?
powered by coolk2.com


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学の後輩が入社したいって来た
 
今日、旧職場の先輩から、

「おまえの(研究室の)後輩がうちの会社入りたいって来たよ。」

ときました。

・・・・・・うん、ガチでやめとけ。マジやめとけ。

それで「どんな学生?」って聞いてきた。

しらんがな(´-ω-`)

もうあの研究室出てから9年もたってんのよ?

教授が開催している研究会にもまったく参加していないし、

接点なんかないがな。

ってかさ、その教授、この業界では結構、名の通った方で、

どうやら俺もその威光が利いて入社できた感があるらしく。

でも、この状況で、教授の威光なんて利くのかいな?

そんなんで入れたら、

今の就活地獄を生きている学生諸君にボコられるで。

しかし、やっぱり一部上場の企業だから、

入社希望者がくるのかねぇ、ちょっと情報集めれば、

やめとけ的な匂いがプンプンするんだけどなぁ。
 
 
スポンサーサイト


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2011/01/28(金) 17:29:04| 仕事の事| トラックバック:0 コメント:0
今の新卒者就職難について、ふと思った事
 

今の新卒者就職難について、ふと思った事を書いてみる。

以前、新卒者の就職内定率が異常に悪いという内容の番組をNHKでやっていた。
当然、番組内に就活中の学生もいて、企業の人事担当者or経営者と討論する番組なのだが、その一場面にて一人の学生が、

「ほら、そうやってすぐに学生のせいにする。だから嫌なんですよ。」

と人事担当者に反発した。
詳細なやり取りは忘れたが、企業側の人事担当者が、学生の「能力不足」について発言した時だと思う。
その人事担当者は「みな競争している。競争に負けるのは自身が他者に劣っているせいだ。」という趣旨の話をしたのだと記憶している。

彼の気持ちは分る。
苦労して就活している側からすれば、「能力不足」で切り捨てられることに反発したくもなる。
さらに、こんな経済状況の中で就職活動をしなければならない彼らは不運だし、それを棚上げして自分たちの能力不足を理由に不採用にされまくる。
たまったものではない。
彼ら就職活動中の学生からすれば、

「テメェらが下手こいたツケを俺らの人生に転嫁するんじゃねぇ」

と言いたいところだろう。至極ごもっとも。

だけどね、その気持ちは良く分るけど、だからって我々先達者が何かできるわけじゃないんだよ。
君が就職活動をしている一年そこいらの期間で、君を素晴らしい会社に就職させてあげられるような世の中には、逆立ちをしたって、ならないの。
だからこそ、自分で世の中を変えることは、今の君には至極困難かももしれないけど、自分自身を変えて、自分を有益に見せて、納得のいく企業に就職する“努力”をすることだったら、今の君でも出来るんじゃないの?世の中に悲観しているより、そのほうが、より建設的だし、なにより君にとってメリットがあるんじゃないの?

そしてもう一つ。

それでも君を差し置いて希望の起業に内定を決めている学生がいる。つまり、その学生よりも君は劣って見えるわけだ。その事実から目を背けてはいけないよ。そして企業からすれば、君よりも有益に見える人材を採用しているだけで、差別をしているわけではない。それが自由市場主義ってやつだよ。

もういっちょ。

君は、今の経済状況の中で就職活動をすることが不平等かと思うかもしれないけど、じゃぁ、江戸時代の小作農家の家に生まれて、職を選ぶどころか、飢饉に重税にで食うにも困るような生活を送っていた人間や、第二次世界大戦中に若くして夢半ばで犬死していった人間たちからすれば、今の君はよっぽど恵まれているとおもうけどね。つまり、いまの時代的状況に文句を言うのは今日の礎となった英霊たちにとても失礼な事だと思うよ(戦没者だけでなく、現代日本の祖となった名も無き方々を含め)。


と思いました。

おれが就職活動をしていたときも「氷河期」とさんざん言われたけど、応募60社とか、すさまじい数だなぁ。
おれが大学3~4年のときに受けた会社数がだいたい20社で、それでも多いほうだったからなぁ。

 
 


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2011/01/08(土) 14:31:21| チラシの裏| トラックバック:0 コメント:0
謹賀新年


皆様。
明けましておめでとうございます。
昨年は色々なことがありました。
禿と戯れてみたり。
Twitterをはじめてみたり。
会社を辞めてフリーランスなんぞ始めてみたり。
今年もたくさんのことがあるでしょう。
今年もドウゾよろしくお願いいたします。

 
 


テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記
2011/01/01(土) 19:58:36| チラシの裏| トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。