このサイトは新しいサーバに引っ越しました!!

引っ越し先↓↓↓↓

新便所の穴ブログ:
http://talkingnonsense.coolk2.com/





【ブログパーツ型オンライン予約システム「PORC」】ならインターネット予約があなたのホープページに簡単に導入できます。これで営業機会を逃しません!!美容室や語学学校、法律相談、医院などの業種に最適です。
powered by coolk2.com
【タスク管理システム「BEEF」】は5~10人程度のチームを運営するのに最適なタスク管理型のプロジェクト管理ツールです。これでデスマーチを回避できるかも!?!?
powered by coolk2.com


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ユーザーはスクロールしない」はウソ、”Above the fold”より下を見せる3つのサイトデザインTIPS
「ユーザーはスクロールしない」はウソ、”Above the fold”より下を見せる3つのサイトデザインTIPS

http://www.suzukikenichi.com/blog/myths-of-the-page-fold/



ほ~~~~~~

まぁアマゾンとか最近のWEBサイトを見ていると

そうなのかなぁ~と思ってはいたけど、

面白い検証結果がでている。

昔は「ユーザにスクロールさせることは悪だ」というのが

常識的にまかり通っていた。おれもそれは信じていた。

「スクロールさせない」ということが重要であったため、

Abobe the fold(=スクロールさせずに見えるエリア)に

むやみやたらに情報を配置しすぎていたと思う。

1. 少なきはより多くを伝える - Abobe the foldにすべてを詰め込めこもうとしない。スクロールを促すために空白と画像を上手に使う。

2. くっきりした水平線はスクロールの妨げになる - 幅いっぱいの水平線を使ってはいけないということではないが、そのあとに続くコンテンツをAbove the foldで少しチラ見させておいて、スクロールを促すようにする。

3. スクロールバーの使用を避ける - ユーザーは、ブラウザのスクロールバーでウェブページのコンテンツ量を推し量る。iFrameやページの中にスクロールバーを差し込むような要素は、この慣習を破ってしまい、コンテンツを見てもらえなくなることに繋がるかもしれない。


どうやら、「ユーザーはスクロールしない」はウソだけど、

「むやみやたらにスクロールする」のもNOらしい。

スクロールさせるなら

「ユーザにスクロールさせるようなレイアウトにしろ」

ってことだ。

ここらへんが注意のしどころだね。



でも、これを書いていて少し思ったことがある。

昔は「ユーザーはスクロールしない」と言われていた。

今は「ユーザーはスクロールしてくれる」となった。

なぜか?

一つ目には、それはマウスデバイスにあるんじゃないかな?

いまのほとんどのマウスにはスクロールホイールが付いている。

スクロールホイールが付いてないマウスのほうが珍しい。

スクロールさせたきゃコロコロするだけ。

むかしみたいに、

スクロールバーつまんでぇ~下に動かしてぇ~

なんてメンドイことない。

んじゃマウスを使っていないノートユーザは?

そこで二つ目、

ユーザは「スクロールすること」が邪魔くさく感じなくなった、

ってのがあるかもしれない。

ここ5~10年でブラウザで情報を取得するこが当たり前になった。

前は当たり前じゃなかったんだよね。

モノを買うにも、店に行くにも、

WEBで調べてから行くのが当たり前になっている。

ちょっと前まで、携帯でWEBするなんて

メンドくてやってられなかった。

でも今は平気でやってる。

つまり、なれたわけやね。

「スクロールすること」も同じだと思う。

みんな慣れたんだよ、きっと。


ん~

しかしまぁ、やっぱアマゾンは

よく考えて作られてるんだよな~

商業的なWEBデザイン流行の発信源は

大概、AMAZONだったり・・・

下手な教本買うより、アマゾンのサイト分析・・ってかパクったほうが

なんぼかマシってな・・・

(。・ω・。)ノ
スポンサーサイト


テーマ:おすすめ+゜ - ジャンル:ブログ
2009/10/21(水) 13:52:07| 仕事の事| トラックバック:0 コメント:0
ベンキュー BenQ 24型 LCDワイドモニタ G2411HD(ブラック) G2411HD
ん~
これを買おうかどうか悩み中。
やすいしよさそうなんだけど、
現物みてないからなぁ・・・


ベンキュー BenQ 24型 LCDワイドモニタ G2411HD(ブラック) G2411HD





テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ
2009/10/20(火) 17:56:44| チラシの裏| トラックバック:0 コメント:0
Salesforce.com(セールスフォース)と戯れる 2投目
ほんならセールスフォースネタの2投目いきます。

今回はセールスフォースのお値段について。



Salesforce.com(セールスフォース)のお値段は

1ライセンス(一人が接続できる権利)=¥15,000/月

(EnterPriseEditionね。もちっと安いのもあれば、高いのもある。)



5人だと、年間18万、

20人だと、年間360万になるわけだ。

これに追加サポート契約が年間50万近く。

うちのばあい20ライセンス契約したから、

年間400万(実は値引きしてくれたから実はもう少しやすい)。

これ、安いと思う?高いと思う?

まずセールスフォースと同等の機能を持つアプリを

自分で作ろうとした場合、

イニシャルコストだけ考えれば、

答えは“セールスフォースは安い”になるとおもう。

(20人程度が共用するCRMとした場合ね)

たぶんここまで完成度の高いものを作ろうと思ったら、

アプリの開発作業だけで1000万は軽くいくだろう。

加えてハードウェアの費用も加えたら、

初期構築費用(イニシャルコスト)は、

間違いなくセールスフォースのほうが安くなる。

(5年減価償却とした場合だと、セールスフォースのほうが

高くなると思う。)

しかも、システム運用開始までの時間がかなり短縮される。

でもね、

セールスフォースほどの機能がいらないとしたら?

セールスフォースってかなりファットなシステムになってる。

いらない機能までテンコ盛り。

“あったら便利”がたくさんあるのよ、セールスフォースは。

そこが売りだろうとも思うんだけど。

うちの場合“自分達で作っちまえ”って話に

「NO」が出てたから、正確に見積もってないんだけど、

“すべてシステムに任せずに他システムや運用でカバーする”

“自分達が本当に必要とする機能を使いやすく実装する”


ことを前提に設計すれば、イニシャルコストは

たぶん800万を切ると思ってる。当然ハードウェア込みで。

かなり個人的な感覚だけど。

たぶん、当らずも遠からず、の額だと思うよ。

ただし、設計に1ヶ月、開発には最低でも2ヶ月はほしい。

カットオーバーまで6ヶ月は見てほしいところ。

じつは、うちの状況でこの“6ヶ月”が飲めなかった。

だからセールスフォースにしたんだけど。

さぁ、あなたは

「1ライセンス(一人が接続できる権利)=¥15,000/月」

はどお思う?
 
 
 
 


テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ
2009/10/19(月) 19:23:18| 仕事の事| トラックバック:0 コメント:0
Salesforce.com(セールスフォース)と戯れる
いま仕事で「Salesforce.com」なるものを使ってる。

これは今流行りのSaaS型のCRMアプリケーションで

既存のCRM製品のシェアをガンガン食ってるキラーアプリだ。

「エコポイントのWEB申請」に

セールスフォースが使われたのは有名な話

セールスフォースの謳い文句としては

・既存のCRM製品より低価格である。
・拡張性がある。
・高機能である。

などなど。

たしかに使ってみて思うけど、スゴイ。

よくAJAXのみでここまでGUIを作りこんだなぁと、

よくあそこまで細かく設定できるように作りこんだなぁと。

まぁすごいわ。

だけどね・・・・

このアプリ、アプリと思って使い始めると、

えれぇ大変なことになるよ。

このアプリは「プラットフォーム」といったほうが適切だとおもう。

つまり、

ユーザは「Salesforce.com」のライセンスを購入して、

「はい、んじゃ使いましょうか」ってならない。

自分達の業務に合わせたカスタマイズという名の

“システム構築”をしなくちゃならない。

ものすごい設定項目があるなかから、

自分達の業務に合うように設定しなくちゃならない。

それをWEB上からすべて出来るところが

「Salesforce.com」のすごいところなんだろうけど、

“自分達がどういう使い方をしたいのか”という

要件定義ができていないと、

“まったく使えない子”が出来上がる。

んじゃ、うちの会社はどうしたかというと、

セールスフォースの営業が

「導入支援をお手伝いする弊社のパートナー企業です」

っていってシステム屋を連れてきたよ。

個人的に払う必要ないと思ってたけど、

上司命令で業務発注しましたよ。150万円で。

それでも、他の導入支援業者からすると格安なんだってさ。

とある筋から話を聞くと、段階を踏んで時間をかければ

自分達でなんとかなるみたいだけど、

うちみたいに、運用開始まで1ヶ月無いなんてことになると

そりゃ無理だってことらしい。

まぁ、あともうちょいセールスフォースと戯れることになると思う。

愚痴りたくなったら、たぶん続編書きます。。。。



テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ
2009/10/14(水) 18:41:16| 仕事の事| トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。