このサイトは新しいサーバに引っ越しました!!

引っ越し先↓↓↓↓

新便所の穴ブログ:
http://talkingnonsense.coolk2.com/





【ブログパーツ型オンライン予約システム「PORC」】ならインターネット予約があなたのホープページに簡単に導入できます。これで営業機会を逃しません!!美容室や語学学校、法律相談、医院などの業種に最適です。
powered by coolk2.com
【タスク管理システム「BEEF」】は5~10人程度のチームを運営するのに最適なタスク管理型のプロジェクト管理ツールです。これでデスマーチを回避できるかも!?!?
powered by coolk2.com


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RE:「紙の本は電子書籍に駆逐されない」と出版社CEO
「紙の本は電子書籍に駆逐されない」と出版社CEO
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0905/14/news028.html



 「もちろん、ある程度の“紙離れ”はあるだろう。だが、ページをパラパラとめくる楽しみや印刷された紙の味わい――そういったものはこれからも残っていくはずだ」と同氏。

たしかに文字を読む効率はまだまだ紙媒体のほうが高いと思う。
いまだって資料をレビューするときには紙に印刷しているしね。
ただ・・・


 寝室やビーチでの読書にはこれからも従来型の書籍が好まれるだろう、というのがコスタ氏の考えだ。

これはちょっと違う。
特に旅行に本を持っていこうとする場合、本はかさばる。
とすると、PDAや携帯にいれて持って行きたい。
文庫だったらいいけど、ハードカバーの分厚い本をただでさえ荷物でいっぱいのスーツケースに分厚い本をいれるスペースは無いはずだし、重くなるから持って行きたくない。

さてさて、本当に「紙の書籍が電子書籍リーダーなどの新しい選択肢に完全に取って代わられることはない」のか?
これは違うね。
つまり「文字を読む効率はまだまだ紙媒体のほうが高い」から紙を使っているのであって、紙媒体より文字を読む効率が高い新しい媒体が世の中に出てくれば、紙ではなく、新しい媒体を使うだろう。

つまり、今は、「紙の書籍が電子書籍リーダーなどの新しい選択肢に完全に取って代わられることはない」で間違いないと思う。
しかし、今後は、「紙の本が別の新しい媒体に駆逐される」可能性は大いに残されているハズ。
スポンサーサイト


テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ
2009/05/14(木) 19:02:34| チラシの裏| トラックバック:0 コメント:0
RE:シュウカツ
以下のエントリを呼んでちょっと首を傾げた&笑えたので。

シュウカツ
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090511/169862/?ref=rss



定見の無さはリクルートスーツに象徴されている。就職志望学生への各社からのメッセージから判断すると,「個性的な人材」,「独創的な人材」を求めているようである。しかし,学生は一様に,黒いスーツに,黒い靴,黒い鞄でシュウカツを行っている。髪も黒く染め直し,同じ姿,同じ顔,そして同じ内容のエントリーシートを持参して,各社を訪れている。

黒い集団を嬉々として受け入れ,その中から選別している各社の本音は「独創性」や「個性」ではないように思える。百歩譲って,黒いスーツを着た上での独創性,個性である。つまり,会社がコントロールできることが大前提で,その上で個性や独創性の花が咲けば万々歳ということが採用基準であろう。それは学生も知っている。だから,リクルートルックである。


言いたいことは分かるが、自分が選ぶ立場になったことが無い人間の発言っぽいな。
つまりだ。「微妙な色の違いを見分けたければ白い紙を下に敷け」ってことだ。
黒い集団のなかで「独創性」や「個性」を見せられないやつはイランのよ。
加えて、学校では「独創性」や「個性」は持ってるだけで良かったかもしれんが、
企業と言う組織では「独創性」や「個性」はプレゼンテーションできなきゃならんの。
プレゼンテーションできない「独創性」や「個性」はイランの。


建前は個性と独創性,本音は俺の言うことを聞く奴。会社に限らず,経営者や,上司にもよくいるタイプである。この場合,上に立つものの力量が会社や部署の命運を左右する。変な奴を使いこなせる会社,部署は発展する。そうでなければ,無能なリーダーと心中である。


アフォかとwww

「本音は俺の言うことを聞く奴」って当たり前だろ。
会社の利益の為に動かないやつを取るはずがない。
「本音は俺の言うことを聞く奴」が前提で「個性と独創性」なんだろうが。
あと、自分が使いこなせないほど変な奴を採用するはずがない。
自分が使いこなせないほど変な奴を採用するほうが無能なリーダーだろうが。
おまえさ、なんか脳内の妄想禿しくないか?www
 
 
 


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
2009/05/13(水) 16:02:42| チラシの裏| トラックバック:0 コメント:0
韓国映画がみたくなる
このエントリを見ていると、韓国映画がみたくなる。

2009-05-12 韓国からの痛烈な一撃「チェイサー」 by 深町秋生のベテラン日記
http://d.hatena.ne.jp/FUKAMACHI/20090512


基本的に韓流には反吐が出ているのだが、

たしかに、食わず嫌いなところがある。

みてみよう。

おもしろそうだ。

ってかね


韓国映画特有のストレートな暴力描写。朝青龍級の張り手が飛び出し、パイプ椅子でガーン、「オールドボーイ」でも炸裂していた危険なハンマー(韓国という国を象徴するのに、これほどふさわしい武器もなかろう)がうなる。刃物がまったくといっていいほど登場せず、ゴルフクラブ、ツルハシ、コンクリの塊と、土方の喧嘩みたいに荒々しすぎるところもすばらしい。


ぶっwwwwww
すばらしいwwwwwww
 
 
 


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
2009/05/12(火) 18:13:02| チラシの裏| トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。