このサイトは新しいサーバに引っ越しました!!

引っ越し先↓↓↓↓

新便所の穴ブログ:
http://talkingnonsense.coolk2.com/





【ブログパーツ型オンライン予約システム「PORC」】ならインターネット予約があなたのホープページに簡単に導入できます。これで営業機会を逃しません!!美容室や語学学校、法律相談、医院などの業種に最適です。
powered by coolk2.com
【タスク管理システム「BEEF」】は5~10人程度のチームを運営するのに最適なタスク管理型のプロジェクト管理ツールです。これでデスマーチを回避できるかも!?!?
powered by coolk2.com


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社を辞めるぞ!! その8:最終日
さて、昨日、最終出社日となった。
早いもんだ。
辞意を伝えて2ヶ月、あっという間だった。

最終日にすることといえば、決まっている。
退職メールを出して他部署に挨拶に回るのだ。

「フリーってどんなことするの?」
「何をするにしても応援してるよ。」
「オマエらしいなぁ。うらやましいよ。」
「仕事なくて困ったら電話くれよな。」
「おれは会社で好きなことをやる。お前は外で好きなことをやる。同じだな。がんばれ。」
「まずはおめでとう。」
「関西いくの?でも実家こっちなんだろ?こっちもどってこないの?」
「なに?フリーランス?じゃぁ、辞めたら個人外注で俺の仕事しないか?いやマジで。」
「辞める?お前もか・・みんな辞めていく・・寂しいなぁ・・」


社交辞令かも知れないが、みな暖かい言葉をかけてくれる。
決して、俺の過去の失態を蒸し返して
最後の最後までネチネチするような器量の小さな人間はいなかった。
おれの周りの「アイツラ」を除いて。
やっぱりあの禿三匹とクサレデブは最後の最後まで救い難い。
まぁいいや、やつらがどうなろうと俺の知ったことではない。
ただ気になるのは残された人間達のことだ。

残された彼らに俺が「がんばれ」というのは甚だ無責任だ。
俺には彼らが働き易くするミッションがあったはずだ。
たとえそれが会社から与えられたミッションでなくとも、
プロパーとして当然のミッションだと思っていた。
しかし、俺はそのミッションを達成できなかった。
あの禿達を相手に、完全におれの力不足だった。
途中で投げ出した。
そのことは非常に申し訳ないと思っている。
甚だ無責任だとは思うが、
願わくば、はやくあの組織から離れて、
もっと意味のある仕事を、
もっとモチベーションをもって働ける場所に
移れることを切に望む。

最後の最後に現部署の同僚達が
アンオフィシャルな送別会を企画してくれていた。
あいかわらずグダグダ感があったが、
それはそれで奴等らしい。
それも含めてとても嬉しかった。
ろくなマネージメントも受けられず、
仕事を目いっぱい詰め込まれている中、
時間を見つけて用意してくれた。
本当にありがとう。

だが、おそらく、
彼らとはもうこれっきりの付き合いだろう。
もう会うことは無いと思う。
彼らから俺にコンタクトを取ってこない限り、
俺のほうからコンタクトを取るつもりは無い。
彼らとは生きる方法が大きく異なる。
今後お互いの人生が交わることはおそらく無い。
したがって、
彼らを拒絶するつもりは毛頭無いが、
己のスタンスを曲げてまで、
無理やり彼らと付き合うことはしない。
(何人か趣味でつながりそうな予感がするが)
ただし、彼らが俺を望むのであれば、
いや、彼らが俺を望んでくれるのであれば、
俺は最大限それに答えるつもりだ。

さて、これから俺はフリーになる。
楽しみな気持ち8割、
不安な気持ちが2割。
でも時々2割の不安が頭をよぎる。
自分は本当にフリーで生活してゆけるのだろうか?
今でも不安は付きまとう。
おそらくこれからもずっと不安はつきまとう。
ならば、考えても仕方が無い。
ただ、ただ、先に進むのみ。
ただ、ただ、精進するのみ。
猛進が不安をかき消すものと信じて。

 
スポンサーサイト


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/12/29(水) 18:42:11| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
会社を辞めるぞ!! その7:送別会にて
42歳になる中堅社員が、2年一緒に働いてきた同僚の送別会で、
皆が注目する中、起立して、その同僚に対して一言。

「あなたに二つのことが言いたい。一つ目、月曜日の朝もっとちゃんと来てほしかった。二つ目、私とSさんに仕事を残していくのは勘弁してほしいですな。」

・・・・・・・・・ほかにもっと言うこと無いのか?

42歳になる中堅社員の言う言葉じゃねぇだろ。
あんたの直前の26歳のぺーぺーでさえもっとマトモなこと言ってるぞ。


まず、1点目、
確かに月曜日朝に体調を崩して午前休することは何度かあったが、
あんたになんか迷惑かけたか?
たしか、あんたと仕事で絡んだことは一度もなかったよな?
あんたから振られる仕事は俗に言う「マル投げ」ってやつだ。
工程の確認すらアンタやらないよね。
ろくにマネジメントできないくせにマネージャー気取りか?
ひとの心配するより、もっと自分の心配したほうがいいんじゃねぇか?
ああ、なるほど、あんた朝早く出社することしか能がないもんな?
自分より朝遅く来る人間は許せないってか?
ちなみに、この1年間、体調不良と交通遅延以外で、
遅刻&欠勤したこと無いんだけどね。
あぁ、禿1がいまだに2年前の事をネチネチ言ってるから
オマエも調子乗っちゃってるのか?


つぎ、2点目、
悪いが、あんたには何ひとつとして残していない。
だってあんたに託しても、うまくいかないことは火を見るより明らかなんだよ。
そもそもあんたとチームが別なので、あんたに託すこと自体ありえないし。
おれがやっていた仕事を託したのはまったく別の人間で、Sさんでもない。
自意識過剰も甚だしい。自分が担当したらうまく回るとでも思っているのか?


42歳にもなって、結婚もできず、
他部署から“オマエイラナイ”となり、現在の部署に拾われ、
ろくにマネジメントできないのに無理やりマネジメントをやらされ、
結果、来た仕事を何も考えず他人に振ることしかできず
マネージメントしないマネージャーに成り下がり、
できないくせに自分ができる人間だと勘違いして、
上から目線でしかモノを言えない哀れな人間に
いまさら言うことじゃないけど、



オマエ、最後まで使えねぇなぁ。
口癖の「勘弁してほしいですな」は
こっちのセリフだカスヤロウ。

 
 
 


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/12/27(月) 23:42:13| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
会社を辞めるぞ!! その6:健康保険を決めるぞ
さて、退職まであと2週間となりました。
気になるのが、退職後の保険などなど、
まぁ、年金は国民年金択一なので、
どうでもいいのですが、
問題は健康保険。

そう、
現在の社会保険を任意継続するか、
それとも、
国民健康保険にするか、
選ぶことができるのです。

んで、
確認してみました。

じゃ~ん。
(これで年収とかバレバレなのは気にしない。)

社会保険: 31,895円/月

国民健康保険: 15,733円/月

へ~へ~へ~
失業本とかには
「社会保険を任意継続したほうが退職初年度は安くなる」
とか書いてあったんだけど、
国保のほうが安いじゃん。

あれ?
おれの年収が低いってことですか?

へーへー
低層下級貧民ですよ。
すいませんねぇ。
 
 


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/12/13(月) 14:11:44| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
会社を辞めるぞ!! 番外編:退職願をもういちまい書いたぞ!!
 
よくよく考えたら、前に書いた退職願は本音がかかれていませんでした。
やはり、お世話になった会社なのですから、ここは一発本音を退職願に書いてみたいと思った次第です。
私にとってとても重要なことなのですから会社もわかってくれるでしょう。



まぁちょっと書き損じたけどこれでこれでいいよね。
 
 


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/12/01(水) 17:17:04| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
会社を辞めるぞ!! 番外編:その後
よし。退職後の具体的な行動目標とか書いておくぞ。心して聞け。まず、

“しつぎょーほけん”とやらを3か月分、確実にGETする。

これ切実かつ重要なミッションだな。今まで雇用保険とかいう名目でさんざんふんだくられてきたんだ。その金を取り戻さねばならん。しかしハローワークとやらで「俺ぇチョースゲェからぁ~年収1000万以上じゃねぇと無理!!んで~チョー楽な仕事じゃねぇと無理だからぁ~」と言わねばならぬのか。楽しみではあるが、殴られるた上に叩き出されるな、きっと。次いくぞ。


関西の狩人達と狩にいそしむ。

これもとっても重要なミッションだ。MHP3も出るしな。はやくG級にならねば。はずせぬ。ちなみに定期的に尼崎のラウンドワンのカラオケボックスに篭って歌を歌わずにひたすら狩るのだそうだ。なんとストイックでステキなのだろう。次だ、次。


寝る。

うむ。三大欲求のひとつだ。もっとも人間らしい行為だな。死ぬまで寝ていられるな。もっとこい、次だ。


食う。

そうだな。寝たら食わねばなるまい。これも大事だ。だが金はないぞ?どうする?“食う”が着たら次はわかるな?


出す。

そうだ。人間の三大欲求のうちのひとつだからな。重要だ。おっと、ウ@コじゃないぞ。ドピュっとイクあれだ。2次元でも3次元でもなんでもこい。生物の遺伝子に組み込まれている偉大なる行為だ。しかし一日2発までだ。よし、どんどん来い。


JKの盗撮。

うむ・・・まて、それはタイーホされるぞ?いや、しかし・・・うむ、目を瞑ろう。黙殺ってやつだ。武士の本懐を遂げろ。だがしかし目的もなくデジカメもって朝の電車に乗っているとマジ怪しいから気をつけろ。よし次。


パンチラ盗(ry

うむ・・・タイーホだ。通報しますた。次いってみよー。


ネトゲ廃人

うむ。一日5.48時間プレイを365日やり通すと2000時間達成ってことだな。しかし一日5時間ってあまりピンと来ないかもしれないが相当なもんだ。しかし“ネトゲ廃人”ともなると便所に行く暇も惜しんでレベリングせねばならん。ションベンはペットボトルだ。つぎこい。


会社近くの公園でスーツを着て寂しい顔をしながらベンチに座って鳩に餌やりをする

うむ。“リストラされたお父さんごっこ”だな?それはオマエにはまだ早い!!出直してこい!!



・・・・・つづく


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/11/30(火) 17:57:55| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
会社を辞めるぞ!! その5:退職願を書いたぞ!!
 
さて、退職1ヶ月前になりました。
ということで退職願(辞表とは言わないのよ)を書いてみましたYO。
しかも筆ペンで書いてみました。
ん?イケテルって?
いやだなぁ、照れるジャマイカ。



・・・・・・阿呆!!
これでも一生懸命書いたんだ!!

ちなみに、社会保険、厚生年金の都合上、
退職日は“月末の末日”にしたほうがいいです。
なぜなら“その会社で働いていた”と認められるのは
“月末の末日にその組織に所属していること”が条件だからです。
つまり、俺の場合、会社の仕事納めが12月28日なので、
退職日を12月28日にしてしまうと、
社会保険も厚生年金も12月分を満額、自分で納めないといけなくなります。
ということで、会社は休みですが退職日は12月31日にしてあります。
 
 


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/11/29(月) 19:22:04| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
会社を辞めるぞ!! その4:会社を辞める理由とその後について
先日、関西の戦友(後輩&先輩&旧上司)のほとんどが会社の全体ミーティングの為、上京してきたので、いっしょに飲んできた。そこで、伝えられる人には12月末退社のことを報告した。ちょっと困る事が出てきた。「会社を辞めて次は何をするの?」という質問の返答に対してだ。

いまの俺の現状を説明すると、禿1&禿2に対しては「転職」ということにしてある。それが一番もっともらしい理由であり、やつらのネチネチをかわす理由として効果的だと思ったからだ。もうすでにお分かりだと思うが、「転職」なんて真っ赤な嘘だ。現段階で来年1月から働く会社なぞ決まっていない。少なくとも6ヶ月は無職になるつもりだ(雇用保険をもらい終わるまで)。

では、おれは今の会社を辞めて何をするのか?「オッス、オラ、ニート!!ヨロシクナ!!」・・・ではないのだが、はっきり言うと「フリーランス」を目指そうと思っている。正直なところ「フリーランス」で儲ける自信どころか、食っていく自信すらない。ただ一つのことを実証したいだけなのだ。

「好きなことを妥協せずにやれば、かならず良いものができる。良いものは売れるはずだ。」

唯一、それを実証するために、俺は人生という掛け金を積んでフリーランスという“大博打”を打つ。

じつは、33歳という年齢は微妙な年齢だ。管理者やプロジェクトマネージャとしては経験と年齢がたりない。反対に“体力勝負の前線兵隊”としては年が行き過ぎている。しかも、俺は他のIT系技術者に比べて著しく技術力が劣っており“前線兵隊”には力不足なのだ(PG経験の無さがかなり痛い)。証拠に2年前の転職活動では“プロマネもできる前線兵士”で応募して惨敗している。当時、8戦0勝だった。まぁ転職なんてものは運が要素を占めているので、単純に評価はできないが、少なくとも、第一印象として他人に認められるような経歴は持ち合わせていない(人柄やコミュニケーションスキルで勝負するしかない)。そんな30歳半ばの男が、これから就職するとしたら、“就職氷河期第2期”と言われる今の時代にまともな職につくことができようはずもない。まちがいなく、現職の収入の30%ダウンは間違いなく、それでも働く場所が見つかれば運が良いほうだ。そんな状態でフリーランスを目指すことは“大博打”以外の何物でもない。

ところで、俺は、べつに会社を作って金を儲けようとか、たくさん稼いで早くリタイアしようとかそんなことは目指してはいない。別に会社を経営したいわけではない。好きなことを妥協せずに精一杯やって、それが飯のタネになることを証明したいだけなのだ(あわよくあとば、もう一人の伴侶となるべき女性を一生養っていける程度の収入がほしい)。しかし、俺が「フリーランスになる」というと「そんなのうまくいきっこない」「ぜったいに失敗して痛い目をみる」と良く言われる(もしくは心で思っているような顔をされる)。しかし、そんなことが言える根拠はどこにもないのだ。なぜならば、そのようなことを言っている(もしくは思っている)人間は、俺のようなアホなことをしたことがないし、しようとも思ったことが無いはずだ。業態的にもしくは業種的に難しいことは十分承知しているが、そもそも真剣にやろうともしていない人間に「無理だ」と言われても全く説得力がなく、会社という組織に守られながら、自分の人生を賭けてチャレンジしたこともない人間に「そんなのうまくいきっこない」ことなんてわかるはずないのだ。困ったことに彼らのほとんどはそれに気づかず自信たっぷりに言う。まぁ逆を言えば「かならず成功する」根拠も自信もないのだけれど・・・・

ということで、おそらく、これを理解してくれない人には普通に「転職します~」と言うことにしよう。わざわざ反論するのがメンドクサイ。
 
 
 
 



テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/11/14(日) 02:27:01| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
会社を辞めるぞ!! その3:あっさり折れた?
さて、本日、廊下で禿1に呼び止められ、打ち合わせコーナーに拉致られた。

また、ネチネチ退職日延長交渉の始まりか?と身構えていたのだが、開口一番、

禿1「いま協力会社にオマエの代わりが出来そうな人間を探している。」

ふむふむ。

禿1「なんとか早い段階で来てもらうつもりだ。」

ほう!!

禿1「オマエにお願いがある。」

む?

禿1「有給はどうするつもりだ?」

へ?

禿1「結論から言うと、残りの有給を放棄してくれないか?有給を取ることがオマエの権利としてあるのはわかっている。」

おぉ~~~!!
つまり“12月末でやめてもいいから有給消化はカンベンしくれ”ということだ(禿1の口から“12末退社を了承して退職願を受け取る”と直接聞いたわけではないが)。
実は俺は有給休暇をバシバシつかっているので、有給が残り10日程度しか残っていない(それでもこの時期に10日も残っていれば良いほうだ!!)。それでも、有給消化が被雇用者の当然の権利であることは変わり無いので、退職交渉の材料に使うつもりでいた(といっても、大きな効果を期待していたわけでは無い)。つまり、最悪、有給消化が無くなったとしても良しと踏んでいた。
そこで、思いもよらず禿1が折れるのが早かったのと、ずいぶん低姿勢で頼み込んできたので、コチラもここは折れて譲歩しようと思った。

俺「はい。了解しました。こちらも我侭を通していますので、せめてもの償いとして有給は放棄します。」

おそらく今コレを読んでいる人には“そんなことすらしてやる必要はない!!”と思われるかもしれないが、3つの理由からこの判断をした。

まず一つ目。
これ以上、禿1とスッタモンダを繰り返すと禿1がよりいっそう意固地になる可能性が高い。そうなるとこちらも余計な手続きが発生する(人事との交渉だったり、退職願いを別の方法で送らなければならなかったり、最悪の場合、労働基準監督署に相談に行くなど)。当初、禿1がこんなにすんなり折れると思わなかったので、様々な策を考えていたのだが、禿1が折れてくれたおかげでそれをしなくてもよくなった。

次に二つ目。
俺が会社を辞めることで少なからず今の組織に迷惑がかかる。それも超繁忙期(1~3月)を前にした退職なのでなおさらだ。いくら俺が尻拭いをする必要が無い状態であるといっても、残る者にとってはいい迷惑だ(やることがなくなるわけじゃない)。それが人的リソースを管理する管理職(禿1&禿2)ともなれば恨まれてもいいくらいだ。その中で、こちらの“12月末退職”という希望を無理に飲んでくれたのだから、これ以上、彼らの神経を逆撫でするのは人間としてどうかと思う(できればおれも円満退社したい)。

三つ目。
10日も休んでたら引継ぎが間に合わない ヽ(´Д`;)ノアゥア...

という理由から、残りの10日程度の有給は放棄することにした。
最後に、

禿1「オマエ、退職願は自筆じゃなきゃだめだぞ。」

だそうだ。
へ~ぃ、メンドクセ。

これで、忘年会でみんなで仲良く酒がのめるねぇ~
 
 
 


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/11/10(水) 18:20:57| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
会社を辞めるぞ!! その2:上司と再交渉
 
さてさて、前回の続き。
上司が休みだったり、忙しかったりで、なかなか打ち合わせ時間がとれず、本日ようやく話すことができた。

俺「申し訳ないのですが、やっぱり12月で辞めさせていただきます。」

んで、禿1から開口一番出た言葉。

禿1「オマエがいなくなった後のことを(オマエが)なんとかすれば辞めさせてやる。」

(((; ゚д゚)))
ソレヲカンガエルノガオマエノシゴトダロ
と思いつつ、反論。

俺「社内に代わりの人が見つからないのなら、協力会社にでも依頼して技術者を派遣してもらってください。」

禿1「そんなことはできない。プロパー社員の代わりはプロパー社員でなければダメだ!!」




(-∀-;)

ん~んん?

チョットマテ。



ちょっとここでウチの組織の構成を書いておく。。。

まず、今の組織はプロパー社員が6名(うち社長1部長2ヒラ3)、外部協力会社からの出向社員(派遣社員)が12名という人数構成だ。そう、うちは外部からの派遣社員の割合が非常に多い。また、年度末の繁忙期になればさらにこの割合が派遣社員増の方向に傾く。

現在計18名という人員構成のなか、ミッション別にチーム制をとっていて、3チーム構成なのだが、そのうち俺が所属しているチームのリーダ(プロマネ)は年長の派遣社員が勤めているのだ。通常はたとえ派遣社員が年上であっても、能力的に上であっても、“責任”という観点から派遣社員にマネジメントさせることはない。また、派遣社員がプロパー社員の指揮命令系統の上位に立つということは通常ありえない。

なぜそういうことになっているかと言うと、ウチの組織が立ち上がった当初、プロパー社員が少ないことから「出向社員もプロパー社員と区別無く扱う!!」と禿1(=社長)が豪語したため、ウチのチームのリーダはプロマネ経験のある年長派遣社員が任命された。

さらに、うちの組織では、客先やグループ会社とのやり取りも出向社員が直接やり取りできるようにしている(派遣元会社との契約やら法的な問題も含めてクリアしている)ため、実質、プロパー社員と派遣社員は区別なく働くことができる(細かなところではあるけどね)。

どんな業務でも能力的に問題がなければ誰でもその業務担当することができるような体制をとっているのである。従って「プロパー社員じゃなければダメ」ということが実質無いのだ。

この部分は非常にスバラシイ(じつは細かな問題はあるんだけどね)。

実際に俺が携わっていた仕事は能力に問題がなければ誰でも代わりを務めることが出来る。

さらに、組織の都合上、一人ですべての業務を背負い込むのではなく、かならず二人ないしは三人体制で事にあたり、作業履歴や客先との対応履歴を細かく管理するシステムも導入して、たとえ俺がいきなりいなくなっても、何とか業務を継続できるような体制を構築している。

つまり!!

おれが今すぐ居なくなっても、効率は多少悪くなるが、滞り無く業務が行えるのだ。

この部分も非常にスバラシイ(じつはここにも細かな問題があるんだけどね)。

そこで、もう一回リフレイン・・・・・・

禿1「プロパー社員の代わりはプロパー社員でなければダメだ!!」




(-∀-;)

ん~んん?

チョットマテ。





意味がわからん!!
だれが居なくなっても問題が起こらないようにバックアップ体制を整えたのは、オマエちゃうんかい!!


俺「俺(プロパー社員)の代わりがプロパー社員である必要はないと思います。繰り返しますが、三月末の繁忙期に向けて人員が必要なら、以前来てもらっていた協力会社にでも早めに派遣依頼の打診をしてください。」

禿1「ダメだ!!ダメだ!!許可しない!!」
禿1「これ以上、話していてもしょうがない!!まだ時間がある、もっと考えろ!!」


俺「いや、もう十分考えました・・結論を変えるつもりはありません。」

と席を立つ禿1。
すかさず横で苦い顔をしていた禿2が口を出す。

禿2「でもそんなこといっても、退職願は受けとらざろう得ないですよ?」
禿1「そんなもの受け取らない!!」


ちゃんちゃん。

なお、
労働基準法上、退職願は受け取られなくても、
“退職日2週間前までに退職の意思表示をしたこと”“退職願いを提出したこと(受理される必要はない)”が認められれば
正式に退職が認められるのですよ。つまり「そんなもの受け取らない」でも退職できてしまうわけで、会社として退職処理を怠れば、労働基準法違反で労働基準監督署に怒られちゃうわけです。

ん~
禿よ、オヌシ、社長してて労基法しらんのか?
なぜおれが、上司であるアンタの要求を突っぱねることができるのか、考えないのかね?

ん~
アタマわるの~
不憫な子じゃの~

ちゃんちゃん。
 
 
 
 


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/11/03(水) 01:41:51| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
会社を辞めるぞ!! その1:上司と交渉開始
さて、このブログを会社関係の人間がのぞいているとは思えないので、とりあえずぶっちゃけて言ってしまおう。

昨日23日に、今年12月末日で会社を辞めることを上司二人(禿1&禿2)に報告しました。とりあえず、小さなIT系ベンチャー企業に転職ということで、報告をしました。

そしたらね、禿2はすんなり話を理解してくれたんだけど、ネチネチな禿1は案の定、残留工作をしてきました。まぁそれは予想通りなので「すでに会社を辞める意思は変わりません」とスルーに成功。まぁその工作も「何をいまさら」的なことだったので笑ってスルーしましたけどね。

しかし、「12月末で辞めるのは“許可”できない。3月末まで待て。うちの部署の事情はよく知っているだろう?」ときました。そして「いままで面倒を見てきた恩義があるだろう?」と。(※うちの会社は年度末がものすごーくいそがしい。)

(゚Д゚;)はぁ?

“許可”できないそうですよ。

たしかに今の会社には、俺のようなクズ社員を雇い続けてくれた恩義がある。
それはそれは大きな恩義だ。しかも、おれを育ててくれた。この恩義を忘れたことはない。

しかし!!

オマエ(禿1)に「恩義があるだろう?」と言われたくないわい!!
オマエにはこれっぽっちも恩義なんて感じたことなぞないわい!!
しかも“許可”できないってどういうことだ?あん?
法律上、別にオマエに許可をもらわんでもおれは会社やめれるんだ!!コノヤロー!!
俺に辞められて困るのはそっちのくせに、上司という職権を振りかざして上から目線で自分の我を通そうとしやがってからに!!

正直
「お願いだから3月末までいてくれないか?助けるとおもって。」
と言われたら考えた。

んでどうしたかというと、とりあえず怒りを鎮めるために、
「転職先の会社と相談の上、考えます。」
と伝えました。

ただね、禿2がいいこと言ってた。
「最終的に決めるのは、転職先でも我々でもなく、オマエだ。」
と。
うん正解。
そう、決めるのおれ。
来週の月曜日に返答することになってるけど、
もう言うことは決まってる。
「12月末で退職します」
だ。
 
 


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事
2010/10/23(土) 04:42:11| 会社をやめるぞ| トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。